ラジオバリバリ-褐色 James VF1319 Visol Weave Steel Flask Hip Stainless 6oz Pattern dc468bvex5825-水筒、ジャグ、タンク

ラジオバリバリ-褐色 James VF1319 Visol Weave Steel Flask Hip Stainless 6oz Pattern dc468bvex5825-水筒、ジャグ、タンク

で、ジェームズ・本物のブラウンのレザーで広がりが織りと丈夫のステンレススチール製のボディなフラスコを再び時間と時間を使用18*/ 8等級の高品質ステンレススチール容量は6オンスを保持専用の上部に、



Visol VF1319 James 褐色 Weave Pattern 6oz Stainless Steel Hip Flask
試行錯誤したなか最後のピースを探していました 諦めなければどんな事でも希望が持てることを教えてくれる明日への勇気が湧いてくる

倒産の危機に瀕した会社を再建させるということは

そして命を救おうとギリギリまで立ち向かう村松先生の姿に

2019年10月13日、早朝から新居浜市中心部にある一宮神社に、どこからともなく人が集まり始め境内が騒がしくなった。しばらくすると東の方向から太鼓と笛の音ともに威勢の良い掛け声が聞こえ始め、旧大江太鼓台と白い幕を被った新大江太鼓台が入場してきた。新旧揃っての入場に、集まった観客からは大きな拍手が湧いた。祭り本番を思わせる観客の多さが大江太鼓台の人気を表す瞬間となった。新しい歴史を刻む大江太鼓台が新調建設に至った経緯と大江太鼓台の歴史と魅力をインタビューしました。

前向きに力を加えることを発想させてくれました

平成5年に初めて大人太鼓台を建設し、太鼓台のなかった上本郷自治会に太鼓台が生まれた。以後、飯積神社祭礼の一員として、寄せ太鼓を始め観客を驚かせるほどのかきっぷりを見せてきた上本郷太鼓台。今年、2代目太鼓台を新調建設し、新しい歴史を作り始めた。上本郷太鼓台の魅力、新調にあたってのご苦労、自治会員の声をインタビューしました。

先代太鼓台は、昭和53年に自治会員が手縫いで自作した太鼓台として自慢の太鼓台であったが、40年を超えて新調の声が高まってきた。何よりも太鼓好きの自治会員が集まり、今年新しい多喜浜新田太鼓台がお披露目された。太鼓台の歴史、自治会員の喜びの声、新調建設の苦労話を多喜浜新田太鼓台関係者にインタビューしました。


江戸時代の絵巻物にも登場すると言われる中西神輿台。代々地元自治会員が引き継ぎ、今年新しい姿を見せた。飾り幕は、代々受け継がれる平清盛伝説を大切に描ききった。新調建設された中西神輿台の運行を終えた関係者に、中西御輿台の魅力、新調のご苦労、自治会員の喜びの声をインタビューしました。


かつてない社会派エンターテイメントドラマが完成しました

「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」

平成14年に建設された大門太鼓台が、今年建設30周年を迎え、令和への改元記念を含めて記念事業を行った。地元の氏神様 菅原道真を祀る菅原神社に記念の石碑を建立し、新しい時代へ地域の宝大門太鼓台を継承しようとする関係者に、大門太鼓台の魅力、継承の難しさ、記念事業を終えて地元の声をインタビューしました。

このドラマから人が再建するとは何か?を感じていただきたいと言うことと 市場の食堂のおばちゃんでもある千佳は従業員や地域の人々から慕われている明るい元気な人である事と

ページトップへ


エフェクトや自動盛り上げなどのサウンド効果をかけ
タイトルとURLをコピーしました